殺シノ調ベ ~This is NOT Greatest Hits~/BUCK-TICK

殺しの調べ
BUCK-TICKのセルフカヴァー・ベスト『殺シノ調ベ ∼This is NOT Greatest Hits∼』をレビューします。
まぁタイトルはベストである事を否定しているようですが…



1.ICONOCLASM
囁き声での原曲とは裏腹に、コチラはほぼシャウトで捲くし立てます。
獰猛なバケモノへの変貌ぶりがキチがるくらい嬉しいね!
2.悪の華
ヘヴィ&ダーク感が増しよりカッコイイ仕上がりに。
3.DO THE “I LOVE YOU”
原曲のタテノリビートからダンサブルなリズムに変化してます。これはこれで全然良いな。
4.VICTIMS OF LOVE
テンポを落とし更に妖しさがアップしてますね。
「死にたくなるような けだるい夜ね」
というこの変化にお似合いな歌詞も追加されてます。
5.M・A・D
正にマッドな変貌を遂げています。檻に閉じ込められていた野獣が解き放たれた感じ?
歌メロを完全にシカトし叫んだり囁いたり呻いたり精神崩壊暴走中DEATH!
6.ORIENTAL LOVE STORY
今井さんが「コード進行が複雑過ぎたので、単純なコード進行のロックナンバーにしたかった」と語っています。
よりオリエンタルで甘美なムードになり、アップテンポなロックナンバーに生まれ変わってます。
7.SPEED
あまり変化は感じません。
8.LOVE ME
この曲も『VICTIMS OF LOVE』同様にテンポを落としてます。
濃厚な愛情がまとわりついてくる感じは嫌いじゃない。
9.JUPITER
イントロにオペラ感を追加。更に儚く壮大になり天に召される感アップ。
10.…IN HEAVEN…
イントロが原曲より長い。ストレートでイカした変貌に軽く惚れますぜ♥
11.MOON LIGHT
重厚感が増していて俺的にはこっちの方が好みです。
この曲、前の曲とメドレーっぽく繋がっているので最初どこからがこの曲なのか解らず混乱してしまいました(笑)。
12.JUST ONE MORE KISS
う~ん…そんな変化は感じられないなぁ…
13.TABOO
よりエロティックな妖美さを纏い倒錯的な堕落感に思わず悩まされちまいます♥
14. HYPER LOVE
近寄り難いシックなムード…大人な雰囲気がイイですねぇ…



個人的に『M・A・D』の変貌ぶりには驚いたな!それ以外にも結構大胆に生まれ変わった曲も多く原曲を全て持ってる人にも自信を持ってオススメできます。
原曲との違いを徹底的に見極めもっとディープにバクチク道を追求すべし!

>【CD】殺シノ調ベBUCK-TICK [VICL-60967]

価格:2,474円
(2017/3/28 07:45時点)
感想(0件)


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

1996 FAKE STAR’S CIRCUIT/TOUR DOCUMENT/黒夢

fake star ドキュメント
黒夢FAKE STARツアーを追ったドキュメントビデオ『1996 FAKE STAR’S CIRCUIT/TOUR DOCUMENT』をレビューします。




インタビュー、楽屋風景、移動、短いライヴ映像を繰り返す感じの有りがちな構成。
う~ん…やっぱフルで観てみたい曲が多いですね。『EITHER SIDE』なんか特に…そういえばこの曲、何故か高橋克典さんに提供してましたね…なんでだろう?『一人ごっつ』見てる時、克典さんのコンサートツアーの告知CMで普通にこの曲歌ってたから驚いたな…
「なんでサラリーマン金太郎が?」
思いましたもん(笑)。

人時さんの「安心できますよね、一緒に居ると。」という言葉が示すようにこの頃はかなり信頼関係が強かったようです。誕生日を祝ってもらったり…そっか、この頃の人時さんはまだ24歳だったんだな…若いなぁ…
でもなんか明らかに機嫌が悪いシーンがありましたね…タオルバンバン叩き付けてたからなぁ…なんで半ギレだったんだろ?
人時さん、沖縄で上機嫌で三味線弾いてますね…悪いですがかなりミスマッチです…(苦笑)

今見るとタバコを押し付けたヤケドの痕が生々しい…13回やったみたいですがやっぱ相当アツいんでしょうかね?やる度胸ないけど…(苦笑)

やっぱ『カマキリ』の使用頻度が高いですねぇ。
定番曲の使い回しはさすがに飽きる!
『カマキリ』『Sick』『BEAMS』が特に多い。
懐かしい曲もソコソコあったんですが如何せんすぐ終わっちゃいますからね…
フルで歌われた曲も1つも無いので特にドキュメンタリー色が濃い作品と言えるでしょう。
ライヴ派な俺はかなり不満でしたが、コアな黒夢ファンには喜んでもらえると思います。
2人ともツアーをエンジョイしてたしね★
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

1996 FAKE STAR’S CIRCUIT/YOKOHAMA ARENA/黒夢

横アリfake star
黒夢FAKE STARツアーの横浜アリーナでの映像を収録したライヴビデオ『1996 FAKE STAR’S CIRCUIT/YOKOHAMA ARENA』をレビューします。



『BOYS ONLY』の時と同様にまずはタバコに火をつけ『FAKE STAR』へ。マイクスタンドを持ちながら回る姿は相変わらずキマッてるぜ!
清春さんのサイケな衣装もまた目を引くな…これを着こなせるアーティストは少ないですぜ!
ストレートなセクシーロック『SEX SYMBOL』。広い館内を歩き回りながら歌う…ラストでは「セックス!」と連呼する清春…
俺も性欲全開だぜ!!←実家帰れ
甘酸っぱい青春時代をフラッシュバックさせる『Walkin’ on the edge』。過去の想い出に圧殺されそうッス!
独特な空気を放つミディアムバラード『REASON OF MYSELF』。辺りが薄暗くなりイイムード…儚く悩ましい雰囲気が大好きです!
『Bass solo』は館内を歩き回り弾きまくる!人時の重低音な美音にひたすら浸るべし。
じっくりとハードなプレイを堪能し『ピストル』へ。盛り上げようとしているのは物凄く伝わってくるのですが如何せん横アリという事で館内が広くオーディエンスの声が届いていないのが腑に落ちない様子…マイクを向けても返りが寂しい…オーディエンスもハネてるし盛り上がってるようには見えるんですけどね…
エロ系クールロック『Cool Girl』。思わずイケナイ妄想が…♥
「野良猫の腰つき」
清春さんってマジスタイルイイですよね…特にくびれがたまらんち♥
う~ん…セクハラしたい♥←捕まれ
『BARTER』&『棘』&『S・O・S』更に勢いは加速していく!
気が遠くなりそうなトリップ感がクセになる『「H・L・M」 is ORIGINAL』。色とりどりに変化する照明も幻想的。
そして一気に『カマキリ』で暴力的に突き抜ける!
再度タバコに火をつけ『Sick』へ。激声は止む事を知らず…ラストにはタバコの火を手の甲に押し付けるという自虐行為に!フラフラになりながら楽屋へと戻る清春と人時…それだけやり切ったという事でしょう。
先程の激しさから一転、珠玉の浮遊バラード『夢』へ。暗闇と優しく溶け合っていくような甘美な歌声に魅せられる…
陶酔的な軽快ポップ『Miss Moonlight』。オレンジの照明が焼け焦がれる程眩しいッス♥この曲を聴くと何故か懐かしさに押し潰されそうになる…
「鮮やかに色づいた」ビューティフルソング『BEAMS』。オーディエンスにマイクを向けてもすぐに清春が歌うという事はやっぱ声が低いのが不満なんでしょうね…
本当はこの曲でラストだったのですがファンのアツい「アンコール」に応え再びステージへ…
そしてMCでの言葉…
「次はもっと小さい所で会おうな!」
「大きい所はクソくらえです!」
やっぱ清春さんはオーディエンスの声…『BOYS ONLY』の時みたいなアツい声を聞きたかったんだろうな…
不満をサラリと言ってしまえるのも清春の魅力だと思う。そしてステージにツバを吐き捨てる…ロック的でカッコイイね、やっぱ!
そしてトドメの青春ポップス『SEE YOU』へ。「シーユーアゲイン!」…そう声を張り上げたのはきっと求めてくれたファンのためでしょう。
そして最後に深々と頭を下げ会場をあとに…



ビデオで観てる俺には清春と人時の盛り上げようという必死さは思いっ切り伝わってきたしオーディエンスの声とかそういうのを抜きにしたら全然激アツなイイライヴだったと思いますけどね…黒夢としての力が足りなかったとかそういうのは別に感じませんでしたよ。黒夢的には不満だったんでしょうけど十分力を出し切れたライヴだったと俺は思ってます。
会場が完全に埋まらなかったのもこれからのイイ発奮材料になったと思いますし…

最後のMCで言った
「次に会う時はもっとキレてますから!」
という言葉通りこれからパンク路線へと突き進んでいく…
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

不幸な迷路/ザアザア

不幸な迷路
ザアザアのファーストフルアルバム『不幸な迷路』(通常盤)をレビューします。
通常盤には『恋人ごっこ』と『寄り道』が追加収録されています。



1.入口
不気味な静寂が蠢くSE。扉を開けていざ不幸の入口へ…
2.不幸の始まり
重低音で挑発的なサウンド、やり切れない感情をぶちまけるボーカル…
サビは鮮やかで絶望的…
「生きても死んでも不幸な世界」
…未来が全く見えてこない感じがグッドです♪
3.ぐちゃぐちゃ
このアルバムのリードトラック。
デスボ塗れで悲哀塗れ…流されるままのぐちゃぐちゃ感情をただただ過度に曝け出していく…
それ故にサビでの美声が余計物哀しく聴こえてしまう。

4.排水溝
ダークでアングラな不快感…
ぐるぐるぐるぐるループする壊れかけのボーカルが怖い…
バックの呻き声も血の気が引く程悍ましい…
どこまでも堕落な中毒性に耽溺できる1曲…
首吊りながらブラブラ揺られて聴いていたい…
5.気付いて
アップテンポでただひたすらに突き抜けていく…
サビでは強がりな悲しい思いを鮮やかに歌ってくれます。
「あなたが居なくても生きていける とてつもなく強いから」
でも本当は気付いて欲しい強がりの裏の弱い本音…
6.人殺し
憂鬱なメロディに低音で悲哀なボーカル…しっとりと哀しみが広がっていく悲恋な歌モノに仕上がってます。
7.ラストダンス
サビのキャッチーなファルセットをキかせたボーカルが印象的。イイですねぇ、この憂鬱と踊り明かす感じ…そして更にダンス感を煽るギターソロも実に魅力的♥
最初は軽く聴き流してた曲だったけど何回か聴いてる内にすっかり虜になっちゃいましたよ♪
8.恋人ごっこ
ジャジーで華やかな世界観…
軽やかに酔い痴れて風俗嬢の苦痛を吐露するボーカル…
このギャップがなんか余計に悲しいね…
9.寄り道
カオスな犯罪臭が漂っている…不気味な歌声がヤバい想像力を掻き立てる。
犯罪に至るまでの過程が脳裏に鮮明によぎってしまう…例えば「寄り道」というホラーな声と足音なんか思わずストーカーを連想してしまいますもん(笑)。
実におバカで遊び心のある曲作りですな。
10.落とし穴
人の醜い心に問い掛けていく儚くズルズルと落ちていくような脱力感…
他人の命より自分の命…
最愛にしがみつくより浮ついた恋…
そんなモンです…愚問です、もはや…
余りにも悲し過ぎる当然なお話…
ヘドが出るくらい…(半笑)

11.交尾をしてよ
感情的な…投げやりな感じで歌い飛ばすボーカル。
罠にハマり脳をシェイクしちまうような突然襲ってくる重低音と呻き声がトリッキー。
「もっと私を汚して もっと惨めにさせてよ 吐き気がするほどにほら」
ハハ…ドMな俺には堪んねーフレーズだな…
12.ユメオチ
ダークでジメジメとした浮遊感…
鬱っぽいボーカルが無気力感を増幅させる…でもそれとは裏腹にサビでは光がパッと差し込んでくるような明るい曲調に変化していきます。
13.最後の歌
ラストはメロディアスバラードで締めてくれます。
アカペラがイイ感じに曲を惹き立たせる美的な悲愴感…
「この夢が覚めるまでは この声があなたに届くのなら ずっと傍で歌わせて 寂しくないように」
健気な想いが胸に響く…
14.出口
『入口』の続きのSE。
迷路から脱出する扉を開けて外の世界へ…
「抜け出しても不幸」
帯に書かれていた言葉が脳裏をよぎる…




歪んだ現実をリアルに表現したこのアルバム…これは架空ではなく紛れもなく周りで起こっている現実なのです…
パッと聴きのインパクトはそんな感じませんでしたが聴けば聴く程歪な中毒性に浸れる…
でも1曲1曲が割とあっさりと終わってしまうのはちょい物足りなさを感じました。もっと惹き込ませる展開が欲しかったな…
1回聴き終わった後は「あぁ…やっちゃったかな?」なんて思ってしまいましたがいやいや…聴く程に味を増していく1つ1つの表現力はさすがです!
ぐちゃぐちゃな暴走曲もあればアングラな曲もありジャジーな曲、バラードや語り系の曲など不幸なバラエティに溢れてます♪
ムック感は殆ど無くオリジナリティな曲が多かったのはイイ傾向ですね。
これからこのバンドの個性をどう表現していくか…これからが勝負でしょうね…

このアルバムを出す前にシングル3つもリリースしておきながらアルバムに1曲も収録しないという極めて珍しいパターン…
「既に発表されている曲を脈絡なく入れる事で、アルバムの世界観を削ぎたくない」という理由らしいです。
不眠不休で曲作りに没頭していたんでしょうね…この短期間で全てが書き下ろしのアルバムを作ってしまうとは…
一葵の思考回路は無限大か?

…まぁとにかくどこまでも不幸と共有していたいというダウナーなリスナーに激しくオススメできるアルバムです。

>不幸な迷路 (Type-B) [ ザアザア ]

価格:3,348円
(2017/3/22 08:09時点)
感想(0件)


にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村


あの素晴らしき日々をもう一度/M

あの素晴らしき
Mの完売音源集『あの素晴らしき日々をもう一度』をレビューします。
実はこのCD、何年か前にピュアサウンドで手に入れていてレビューし損ねていたCDなんです(汗)。
Mの皆様、すみません…



1.赤い壁
パワー漲るポジティブ歌謡。静と動を使い分けた曲調が気持ちを大きく揺さぶってくる…
歌詞は希望も見えない程絶望的なのに生への執着が湧き上がってくる歌声とメロディ…
メロで気持ちを下げるだけ下げてサビで一気に上げる!
「赤い壁に背を向けて今僕は歩き出した」
2.終着駅
沈み込むような脆いボーカル、サビでの力強くも虚しく激情に張り上げる歌声。小刻みに震えるギターも実に物哀しい…
=絶望
=希望
スーサイドトレインはノンストップで目的地へ向かって全速力で走り出す…
3.僕の答え
重暗い曲調の中、怨みを込めて語るようなボーカル…若干ムックの『盲目であるが故の疎外感』と展開が似ています。
「生まれて来なければいい糞みたいな人間が居るならお前等はそれそのものだろ?何故否定する?」
俺は否定しませんよ…
一切ね…(死笑)
4.それと共に・・・
霊魂と成り果て最愛に呼び掛ける悲しい歌詞とは裏腹に明るい曲調に明るい歌声。
イイね!こういうアップテンポで活力漲るポップ感。終盤のオーオーコーラスも場を盛り上げてくれる。
やがて離れ離れになっていく心と心…
それでもまた力強い一歩を…
5.死に生きる
儚く澄んだメロディに耐え難く今にも崩れそうな歌声…そしてサビではその悲哀を心を込めて歌い上げる。
サビは若干ムックの『月の砂丘』に似てます。
歌詞はどこまでも絶望的で自虐的。色んな人の「いらない」の連呼はザアザア『死にたい』を連想させる。
6.安らぐ形
スリリングな演奏に凛々しくもダイナミックなボーカル。禍々しいグロウル感…ニュータイプのデスボというか…
正和は感情を表現する歌い方が巧い!
ビシッとヘヴィにキメてくれるドラミングにも要注目。
7.シカタガナイ
この曲もまた攻撃的な暴走曲。
「シカタガナイ」の連呼がヤバい!野太いな、正和のシャウトは!
「シカタガナイ」
この上なく卑怯な言葉…
その言葉を吐けば全てチャラに出来ると思い込んでるお気楽野郎…
やられた側の苦痛など知ることもなく…
そんな無責任なクソ人間にだけは成り下がりたくないモンですね…
8.青く歩
『それと共に・・・』に続きまた来ました前向きなポップソング。
オーオーコーラスといい似たようなパターンなんだけどこのバンドが演るポジティブなポップは何故か嫌いになれない…寧ろ大歓迎♥何か自然と笑顔になっちゃうんですよね♪
今まで表現してきた数々の絶望があるからこそこういう曲が映える。
音楽の力を改めて感じさせてくれるワケです。
おおぅ!堪え切れずに「イエーイ!」とか叫んじゃってるよ!アゲるね~♪
死ぬ程悲しんだ後は今スグ俺と一緒に「喜びの花」を見に行こう!←ヤダ
9.救音
消えてなくなりそうなメロディに手を差し伸べるような優しい歌声。
段々と滾る想いを込めて救いを歌っていくボーカル…思わずアツいモノが込み上げてくる。
「一秒でも たった一秒でも 『生きたい』と願う気持ちの為に…」 



何の迷いもなく生きてる人にはきっと感じる事の出来ない死に際で感じられる「生きる意味の強さ」。
その歌声は力強さに満ち溢れていてとてつもなく悲しい…
心を大きく揺さぶられる…
もうこの時点でリスナーの心を掴んだも同然でしょう!
このCDも過去の曲を取り上げた最初の頃の音源集なのに音も歌声も実にしっかりしている。ぎこちないシーンは殆ど感じなかったのは何気に脅威的な事だと思います。
聴き飽きないし伝わってくるモノも多く感じられる。演奏面でのスキルの高さには驚かされたなぁ…
このバンドはもっと評価されるべきバンドだったと思いますけどね…

を渇望する曲が多い中、その対となるダイナミックでポジティブなポップが2曲も歌われてる事に若干意外性を感じましたね…まぁイイ意味でですけど(笑)。こういう曲調が得意なんだろうな…『僕らの歌』もそうだしね。

ムックテイストバリバリな曲が大半を占めているので「それでも許せる」という心の広いリスナー、まだ過去のムックの音楽性を感じていたいというリスナーにオススメします。
…と言いたい所ですが実はこのCD、かなりのレアモノなのです。もう今どこにも売ってないんじゃないかな?ヤフオクなんかでいずれはひょっこり出品されるかもしんないけど…

う~ん…こういう死を予感させるダーク的な歌謡曲を感じさせるバンドも俺の知ってる限りでは今現在ではもう『ザアザア』くらいしか思い浮かばない。マジで貴重になってきてますね、こういう音楽性は…
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村




プロフィール

デッドデッド

Author:デッドデッド
FC2ブログへようこそ!貴方を地獄の世界へとお導き致します…

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策